大切なことに気づく24の物語~読むだけで人生がうまくいく「心のサプリ」~
中山和義
フォレスト出版 (2007-07-06)
ISBN:9784894512696
1,080円
購入:2010年2月27日 1,050円
読了:2015年7月26日
★★★☆☆
オーディオブックにて視聴。
以下の章立てで、計24エピソードが紹介され、それぞれに著者のコメントが付きます。

1 自分を成長させてくれる物語
2 夢や仕事に情熱を与えてくれる物語
3 人生と人間関係を変えてくれる物語
4 家族、友人の大切さを教えてくれる物語

この本を手に取った自分自身が少し辛い状況だったこともあり「よし、頑張ろう」と元気を貰えるお話もいくつかありました。

ただ、注意が必要なのは、読むだけで人生が劇的に変わるというものではなくて、大切なことを再確認できるという部類の本だということです。忘れかけていた、大切な事柄を再確認させてくれるような、ちょっと良い話集、ぐらいに思って手に取らないと、ちょっとタイトルや帯が煽り気味で期待が先行しがちになるので。

以下、著者のコメントの中でいくつか気に入ったフレーズです。

「誰でも成功は約束されていない。でも、成長は、約束されている」 

立場が上の人は、自分の弱さを下の人に見せてはいけないと思い込んでしまいます。でも、本当は弱いところを見せられる人が強いと思います。自分の気持ちを隠さずに、勇気を持って開示できたときに、人は心を動かさせると思いました。

子供の心の扉は内側からしか開きません。無理に外側からあけようとすると壊れてしまいます。大人も同じです。信じて待ちましょう。

人生で当たり前のことなんて、何一つない。 たとえば仕事に行けること、子供が無事に学校から帰ってくること。 すべてが人生の一大事。