読んだら忘れない読書術
樺沢紫苑
サンマーク出版 (2015-04-14)
ISBN:9784763134509
1,620円
購入:2015年11月11日 1,620円
読了:
★★★★☆
オーディオブックにて視聴中。
とても自分の読書法に近い方だなと思った。
よく言えばスタンダード。悪く言えば普通。

所謂多読家であれば「ふんふん」と首を縦に振ることが多いかと。
また、とてもライフハック的なのだけど、凝った技があるわけではない。
スタンダードを重ね重ねた王道の読書術。

やっぱりアウトプット大事だよね。うん。自信が持てた。
深読って言葉は気に入ったので、意識してみよう。

紙の本も買おうか悩み中だけど・・・
多分、読書メモをキチンと残して、定期的にアウトプットをして、
深さを意識したインプットができてればそれでOKな気もするしなぁ。

この本の一番の効能は読書へのモチベーションが得られる事かな。
読書をすれば人生が開ける!!みたいな希望が抱けるので本が読みたくなる。

いくつか心がけようと思った事+自分なりの読書術の改良

・パラパラ読書術(最初に5分~10分、パラパラ読んで全体を掴む)
・ワーク読書術(見出しで気になったところを先に読む)
・ワクワク読書術(買ったらすぐ読む)
・ハイライト/マーカーをその場で付ける、気になったことはすぐメモ
 →その日の内にMediamarkerに
  →良い本のみ厳選して1週間位内にBlogに投稿(これで忘れない)
・電車でスマホを見ずに読書に充てよう

とりあえず、色々著者自身の自慢じみたところが微妙に鼻につくことを除けば、具体的且つ合理的な読書方法が書かれているのと、いくつか自分自身の読書に取り入れる事ができる考え方があったので、そういう意味で☆を4にアップ。
【関連リンク】