夜と霧 新版
ヴィクトール・E・フランクル
みすず書房 (2002-11-06)
ISBN:9784622039709
1,620円
購入:2017年12月29日 1,620円
読了:2017年12月29日
★★★★★
オーディオブック版で読了。

正直、人間の暗部を見せつけられて結構どんよりした気分になるが、強制収容所という過酷な環境の中での出来事が、どこか客観的に描かれている点が原題の「心理学者、強制収容所を体験する」たる所以かなと。

これを読む(聞く)と、壮絶という言葉をおいそれとは使えなくなるし、誰もが非道い奴になり得るんだということを見せつけられるし、それでもある種崇高さを失わずに生きていけることに希望を見いだすことができる。そういう絶望と希望の双方を行ったり来たりする本書を読むのには、やっぱりそれなりの覚悟が必要だなと。

紙の本だったら、一度閉じた本を開くのを躊躇するかもだけど、オーディオブックなら聞き進められるので、そういう意味でオーディオブック向け。ただ、没入すると結構精神的にキツくなるので、使用量はお気を付け下さい、って感じですな。
【関連リンク】